:::: メニュー ::::

カテゴリ別記事 / ニュース

  • 6月 26 / 2015
  • 0
ニュース

建物:建物のリハビリテーション

住宅市場を再起動するには通ってエネルギー効率のアップグレードに焦点を当てる必要があります “次第にから 1% A 2,5% 介入, 全体の建物や地域への個々のマンションの再開発, から 20% 60〜80%省エネ”. 建物の未来の絵を描くにはジャンニSilvestriniです, プレジデンテ·デル·グリーンビルディング評議会イタリア, リビルド中 2015, リーヴァ·デル·ガルダの進行中の不動産管理の革新と再開発の全国大会 (テネシー) それは完売して登録します. 読み続けて

  • 6月 19 / 2015
  • 0
ニュース

未来の建物はデジタルで. SE、NEparleràA再構築

イタリアでのフィールド’建物 それは、あまりコンピュータ化の経済部門の一つであります, しかし、近年の危機を克服することがあります 効率の新しい次元 とのプロセス コンピュータ化デジタル化 それはおそらく避けられないステップのいずれかになります. これは、中に議論されるべき主要テーマの一つであります 再構築します 2015, に開催される不動産のイタリアの革新のアップグレードおよび管理の大会 25 26 リーヴァ·デル·ガルダの6月.

デジタルはすでに我々が建物を設計し、操作する方法を変換しているさまざまな方法に焦点を当てた議論: から サーモスタット それは、家全体のためのデジタル電源管理のポイントとなります, 新モデル デザイン 3Dでなく、5他のサイズだけでなく, 使用する可能性まで デジタルインフラ それは、処理を実現することを可能にします 都市再生 そうでなければ不可能. 読み続けて

  • 6月 16 / 2015
  • 0
ニュース

建物: Fondazione Cariplo, 美しい家の中で 500 ユーロコンL'住宅社会運動

社説

(ギルランダイオ) ローマ, 16 6月. – 国連の電子ブック, インターネットポータル、イタリアの社会住宅の成功を伝えるドキュメンタリー, Cariplo財団で生まれ、財団FHSの基本的な貢献で開発 (www.fhs.it). アンド’ 最近、現象の歴史を物語る電子書籍を出版しました “住宅社会運動”. 社会住宅財団Cariploの一連の電子ブックインパクトヘッドの3分の1がそう言います’ どのように、’ 発達しました, 彼は方法について説明します, 財団への感謝, それは政治的介入国立の対象となっています.
ページ:1234567...12